ただのラー油じゃない

焦がしラー油

期間限定

調味料や薬味として中華料理本来の味を際立たせ、いまや「おかず」として「ごはんのお供」として大活躍している「ラー油」。そのラー油が、今回は亀田の柿の種の期間限定商品として新発売!

商品詳細はこちら

「どうして焦がす必要があったのか」

※写真はイメージです。

※写真はイメージです。

ただのラー油じゃ、物足りない。亀田製菓としてもっとラー油感を味わってほしい。試行錯誤の結果、誕生したのが「亀田の柿の種 焦がしラー油風味」。さらにローストガーリックと花椒(ホワジョー)を加えることで、口の中で全ての旨みが広がる味に仕上げました。

東京&大阪で直撃!

中華の達人実食インタビュー

大阪のオシャレエリアで人気を集める!新進気鋭のシェフは、香り高いラー油で勝負

大阪の達人が腕をふるう店があるのは、大阪・新町エリア。
もともとはオフィス街だったのですが、心斎橋や難波で働く人たちが住むマンションなどが多くなり、
最近は、カフェや雑貨店などが増えているエリアです。
おしゃれエリアとなったこの街に、2012年にオープンしたのが、今回お邪魔した「中華食堂 チリレンゲ」。
オープン時から、提供していた麻婆豆腐に徐々に注目が集まり、ランチタイムの行列は、常態化。
連日のピーク時には20名前後並びます。
夜も予約必須。周辺サラリーマンや住民からはよく知られた存在です。

名物ランチは、麻婆豆腐ランチ900円

そんな、人気店の名物ランチは、麻婆豆腐ランチ900円(大盛1,000円)。客の8割以上注文する看板メニューがこのランチセット。こちらの味わいですが、最初にパチンと唐辛子の辛み感じさせて、直後にスーッとした山椒の爽快感がやってくる。さらにその後、たっぷり入った豚ミンチのコクや旨味がしっかり口の中に広がります。辛と旨のコントラストが素晴らしい、おいしいしくて、しかも楽しい一品です。

せっかくなので、ディナーメニューのBEST3も試食させていただきました。

せっかくなので、ディナーメニューのBEST3も試食させていただきました。

海老のチリソース1,180円(手前)、口水鶏(よだれ鶏)1,080円(奥右)、四川麻婆豆腐1,180円(奥左)。
エビチリは、衣をつけずプリプリ感の残ったエビを楽しむタイプ。ほんのり甘みのあるスパイシーなタレの中をエビが泳いでるような、辛さ抑えめながらエビの旨みがしっかり楽しめるメニューです。よだれ鷄はラー油、山椒油、ごま油、豆板醤、芝麻醤など、多彩な調味料を組み合わせたタレを、ボイルした鶏にトッピング。鶏を食べ終わって下げようとしたところ「ほかの料理にもつけてみたいから置いといて!」と言われることが多いという、旨味のかたまりのようなタレが魅力です。

こちらの人気メニューのすべてに絡んでいるのがラー油

オーナーシェフの楊 靖規(よう やすのり)さんが約1.5リットルを2日に一度のペースで作る自家製です。

「ラー油の作り方は、難しいもんではないので、その分個性が出るかもしれませんね。実はボク、あまり辛いものは好きじゃないんですよ。なので、ラー油も香り重視で、あまり辛くしていません」という楊さん。「もっというと、ウチの麻婆豆腐は辛いと言われますけど、辛さの構成食材を抜くとけっこう甘いと思います」とも。実は、この甘さがあるから、強くない辛さでもコントラストがついて辛さを感じさせるんですね。その辛さが強すぎないからこそ、香りがたってくるという効果があるのです。

焦がしラー油味を味わっていただきました。

さてさて、そんな楊シェフに、「亀田の柿の種 焦がしラー油風味」を味わっていただきました。
「辛さは、ちょうどいいですね。口の中に入れるとしっかり辛さがきますし、山椒の香りも鼻腔に届いてきます。ラー油は火を入れるとフワァーっと香りがたってくるんで、どの料理も最後に使うんですが、袋菓子でここまでできるのはすごいですね。あと、ボクは辛いのに弱いんで…、この辛さは大丈夫なんですけど、頭にじんわり汗をかいてます(笑)。心地いい味わいですね」
と心強いコメントをいただきました。

オーナーシェフ楊 靖規さん

家業は大阪・長居の中国料理店。18歳で修業のため、神戸市内の中国料理店へ。ラーメン店などで合計8年ほど働いた後、約10年間実家の中国料理店で腕をふるう。その後、大阪・梅田の広東系の中国料理店で約6年調理を担当。この時の先輩が経営する「中国菜 オイル」で調理を手伝いながら約1年間かけて独立を準備し、2012年に「中華食堂 チリレンゲ」をオープンさせる。現在、ランチは連日行列の人気で、ディナーも予約なしでは入れない日が続く。

店舗情報

店舗情報

店名:
中華食堂 チリレンゲ

住所:
大阪市西区立売堀3-4-1 メゾンアルカディア 1F

予約・お問い合わせ:
06-6539-1990

営業時間:
ランチ 11:30~14:30 / ディナー 17:30~22:00(L.O. 21:00)

定休日:
日曜日 ※年末年始は12/29〜1/5休

席数:
18席

タバコ:
ランチ禁煙、ディナー喫煙可

予約可否:
ランチ不可、ディナー可能

カード:
不可

アクセス方法:
地下鉄中央線・千日前線、阿波座駅2号出口 徒歩5分

URL:
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270105/27067235/

※今回、価格が表示されているものは全て税込みです

商品紹介

亀田製菓ネットショップ NET SHOP 商品は亀田製菓ネットショップでご購入いただけます! ※一部取扱いのない商品もございます。 ご購入はこちらから

LOHACO 亀田製菓SHOP

amazon 亀田製菓ストア

  • 亀田柿の種 ご当地大集合! 全国各地の名産の味を再現したご当地の亀田の柿の種
  • 商品紹介 発売中の亀田の柿の種ラインナップをご紹介!